物理が苦手な人必見!東工大生による基本の物理

プロ講師堀内が、高校物理を1から解説

第13回解説

それでは前回の解説をやっていきます!!

 

問:次の(1)、(2)においてばねの伸びをそれぞれもとめよ。((2)ではそれぞれのばねの伸びを求めよ)ただし、重力加速度はgとする。

 

(1)ばねで小球を天井からつったときに、小球が静止するときのばねの伸び

力を図示すると次の図のようになります。

 

      f:id:sinwazemi:20170616231945j:plain

小球が静止しているとき、物体にかかる力はつりあっているので、力のつりあいより

 

           f:id:sinwazemi:20170616232357j:plain

となります。これは簡単でしたね^^

 

(2)(1)にもう一つ違うばねを追加したときの、小球が静止するときのそれぞれのばねの伸び

まず、次の図のようにそれぞれのばねの伸びを文字で置いて、力を図示します。

 

         f:id:sinwazemi:20170616232432j:plain

図の矢印(①、②)のところでの力のつりあいより、

 

f:id:sinwazemi:20170616232516j:plain

がそれぞれ成立するので、これを解いて、

 

           f:id:sinwazemi:20170616232550j:plain

となります。

 

どうでしたか?

(2)はいろいろ解き方がありますが、それぞれの長さを求めるならこれが一番シンプルかなと思います^^

次回はばねの持つ弾性エネルギーについてやっていきます!!

 

進和ゼミ:http://www.shinwa-zemi.jp/about.html